ホーム(Team 6)

近年、温室効果ガスの排出による「地球温暖化」の問題が深刻化してきています。
平均気温の上昇によって、「海水面の上昇」や「異常気象」にもつながることが考えられます。

ここ数年、日本各地で大雨による被害が多数起きていますよね。
夏場の最高気温も年々高くなってきており、熱中症による救急搬送の数も増加傾向にあるようです。

このまま何も対策をとらないと、今後も地球温暖が進んでいくことが予想されます。

温暖化を少しでも食い止めるべく、2005〜2009年12月末まで日本国政府が主導したプロジェクトが「チームマイナス6%」です。

京都議定書で掲げた、「日本国内の温室効果ガスの排出量を1990年と比べて6%削減すること」を目標にして立ち上げられました。

現在は「チャレンジ25キャンペーン」として、2020年までに25%削減を目指し、個人、団体を問わずチャレンジャーを募集しています。

温室効果ガスの排出量を削減するために、一人ひとりが出来ることはどうしても限られてきますよね。

しかし、一人の力は小さくても国民全体が一丸となって取り組めば、その成果は大きなものになってあらわれてくることが期待されます。

こちらのページは「チームマイナス6%」「チャレンジ25キャンペーン」の活動に賛同し、地球温暖化をストップさせるために役立つ情報を共有する情報サイトです。

「地球温暖化を食い止めて、環境を保護していくために私も協力したい!」
「環境保護のために何か力になりたい。でも何をしたらよく分からない…」

そんな方々も、こちらのサイトを参考に、日常生活で出来ることからぜひ始めてみください。

例:カジノでギャンブルするのに習慣を変えればco2削減できる?

例えば、ランダムな話題から一つ、ラスベガス旅行を一つの例として考えてみたいと思います。

毎年、海外から多くの観光客でごった返す24時間眠らないこの都市は、誰もがテレビやネットで見たことのあるベラージオの噴水ショーやその周辺に立ち並ぶ豪華なホテルの山、周辺には日帰りで訪れることが出来るグランドキャニオン国立公園などの有名な観光地がつまった都市です。

やはり、ラスベガスといえばカジノ街が真っ先に思い浮かぶのではないでしょうか?ラスベガスの主要産業は、カジノであり、大きな観光資源になっています。ほとんどのカジノの施設は、ホテルの中で運営されており、昼は外で観光地を巡り、帰ってきたら深夜まで、もしくは朝までカジノを楽しむ観光客であふれかえっています。

ラスベガスオンラインカジノ

何といってもメインはカジノ!ホテルのほとんどにカジノが併設されているどころか、空港ターミナル内にまでスロットマシーンが設置されています。

しかし、最初の方でもお伝えした通り、地球温暖化の問題は世界の人々全体の課題であり、私たちの後世にツケを残さないためにも一人一人が環境保護意識を持って生活することが望ましいと考えるのです。

私たちがカジノを目的にラスベガス旅行を実行するとしたら、まずは飛行機に乗らなくてはいけません。飛行機に乗ることで、上空でのエンジン排出物は、地球を囲んでいるオゾン層を破壊させます。

無事にラスベガスの空港に到着後、おそらくタクシーやバスを使って予約しているホテルに向かうでしょう。そして、滞在中も何かしらの交通機関を使って移動することになると思われます。元々は砂漠地帯であったラスベガスは、今でも年間を通して、日差しがとても強く、夏場の日中は40℃を超える暑さとなり、冬は年に数回雪も積もります。アメリカ自体が車社会ということもあり、街中を徒歩や、自転車を使っての移動というのは、あまりポピュラーではありません。

外からの観光後、ホテルに戻った後は、ホテル内のレストランで食事を済ませ、夜の街に再び繰り出すか、カジノ内で過ごすことになるでしょう。これら二つは特に環境に問題がないと思いがちですが、世界で深刻な問題になっている食品ロスが関わってきます。

アメリカは世界で、食べることが出来る食材を捨てている量が一番多い国です。ラスベガスでも、この問題についてはホテル側も頭を悩ませており、社会問題になっています。これらの生ごみは、ゴミ埋立地に送られるときに、メタンガスを発生させ、二酸化炭素よりも悪質な成分を空気に流しています。

食品ロスオンラインカジノ

他にも、24時間眠らない街、24時間カジノがプレーできるということは、それだけ照明やクーラーなどの電気の使用量、人の移動、食材の移動も24時間稼働しているという事になります。

なにも海外旅行がダメだといっているわけではありません。

ただ、カジノのためにここまで地球をいじめる必要があるのでしょうか?

デジタル機能や技術の進展が、エネルギー利用率を減らすことができる事は、現在の傾向からして分かっています。例えば、今は誰でもパソコン一つで映画を楽しめるようになりました。一昔前までは、DVDを買いに行き専用の機械に入れてテレビで楽しんでいました。パソコンを使うのも電力が必要ですが、DVDを買いに行くために車を走らせ、何年か後に飽きたらゴミになるというよりも、パソコンで見ることの方が地球にとっては優しいのではないでしょうか?

オンラインカジノでプレイすることでCO2削減できるのか?

地球環境オンラインカジノ

今回はカジノの話をしましたが、実際にラスベガスまで行かなくても、日本国内にいながらできるオンラインカジノというシステムが既にあります。

ヨーロッパやアメリカを中心に人気のオンラインカジノは、スマホ一つで実際のカジノと変わらないようなゲームをプレーすることが可能です。

現在、オンラインカジノサイトは千を超えるほど豊富にあり、日本人も安心して使えるように、日本語翻訳されたサイトが多々存在しています。また、全員が安心して使えるように、不正の取り締まりが強化されたことや、運営するための公式ライセンスの審査も厳しくなっており、24時間いつでもどこでも安心してプレーできるサイトが数多くあります。

ラスベガスで同じようにオンラインでもカジノが楽しめるのです。同じように、オンラインで実際にお金を賭けてプレーし、勝てたらその分だけ実際に現金を手にすることが出来ます。

ゲームの種類も豊富で、定番のトランプゲームやスロット、さらには海外からのLIVE中継で本物のディーラーと勝負することも可能で`あり、むしろ海外の現地カジノよりも豊富なゲームが用意されています。

オンラインカジノは、世界中のプレーヤーが集まり、ネット空間で楽しんでいるカジノです。

しかし、そこは本物のカジノに見劣りしないゲームの質やサポート、勝てる率が高いのです。オンライン上でプレーするカジノであるため、場所や人件費などの経費がかからないのが一番の大きなポイントで、還元率(賭けた金額に対して、結果として戻ってきた金額の率)が96%~99%と圧倒的に高く設定することができます。

実際のオンラインカジノのサイト数は豊富にあります。それぞれのサイトで様々なイベントを開催していたり、サポートレベルも違うので、様々なオンラインカジノを試してみて、自分に合うカジノサイトを見つけてみてください。